インプラント(人工歯根)
失った歯を補うこれまでの治療法は、残っている歯や顎に大きな負担を求めるものでした。これに対してインプラントは天然の歯と同様に、顎の骨に直接支えられます。このため残された組織にやさしい治療法なのです。
1.前歯を1本失った場合
従来では両隣りの歯を削って支えにしてブリッジという方法がとられていました。しかし、インプラントなら抜けた部分のみに行うことにより、自分の歯と見分けがつきにくく、美しさをとり戻すことができます。
2.奥歯を失った場合
こらまでの取りはずし式の入れ歯では、ガタつきや違和感がありました。インプラントなら、取りはずす必要がなく、自分の歯のように噛むことができます。
3.すべての歯を失った場合
すべての歯を失った場合でも、インプラントなら、自分の歯のような機能を回復することができますので、安心して食事ができます。
顎が細くやせてしまった人の総入れ歯は、どうしても安定しません。入れ歯の支えにインプラントを使えば、心理的なストレスから解放されます。
インプラントQ&A
 インプラント治療に伴う痛みは?期間は?
 簡単な麻酔を行いますので、ほとんど痛みはありません。処置時間は、30〜120分。治療期間は4〜12ヶ月かかります。いずれもインプラントの種類や治療内容によって異なります。
 インプラント治療の費用はどの程度かかりますか?
 当院では料金はインプラントを埋め込む箇所や種類によって若干異なり、
315,000円(税込)〜420,000円(税込)となります。詳細は医師にご相談ください。
 インプラント治療は誰でも受けられますか?
 心臓病や糖尿病などの持病がある人や、妊娠中の人等は受けられない場合があります。また、あごの骨の状態によっても受けられない場合があります。いずれも事前にご相談下さい。
 インプラントはどのくらいもちますか?
 インプラントそのものは歯ぐきとなじみが良く、腐食しにくいチタンという金属で出来ています。インプラントをできるだけ長持ちさせるためには、自分の歯とおなじような手入れが必要です。ブラッシングはもちろん、歯肉の健康状態や正しい噛み合わせのチェックをするため、半年に1回は定期検診を受けて下さい。
 
×閉じる
Copyright (c)2003 岡崎市 たつみ歯科 All rights reserved.